引っ越し業者 奈良 安い

奈良で安い引越し業者のオススメの探し方

奈良県 引越し 相場

奈良県 引越し 安い

奈良県 引越し 料金

奈良県 引越し 格安

 

奈良県の引越し業者を検索すると95件ほどヒットします。
このすべての引越し業者に見積もりを取ることができれば京都府内で一番安い引越し業者を探すことができますね。

 

しかしそれは到底無理な話、机上の空論です。
だからといって比較をしないで、引越し業者を選ぶのはとてももったいないです。

 

すべての業者から見積もりを取るのは無理でも、せめて3〜5社くらいからは見積もりを取って、価格やサービスを比較してください。

 

引越し費用が安いのか高いのか判断するには自分自身の引越しにかかる相場を知らねばなりません。
そして相場を知るには数社からの見積もりが必要なのです。

 

そのためにオススメなのが、引越し業者一括見積もりサイトです。

 

奈良県  引越し 価格

 

こちらは24時間いつでも好きな時間に申し込むことができるので、仕事が忙しくて時間がない人にもオススメです。

 

自分が希望する引越し条件を1回入力するだけで複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。

 

相場はもちろん最安値の引越し業者を探すのにも便利なサイトです。

 

多くの引越し業者が参加していますが、あなたのお住まいの地域に対応できる引越し業者を厳選して見積もりを取ってくれます。

 

利用料はかかりませんので、ぜひお役立てください。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

引越し業者のオプションとは

 

引越し オプション

 

引越し業者には別料金で行っているオプションサービスがあり、それらには次のようなものがあります。

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

いろいろなサービスがありますが、全ての引越し業者にこれらがあるわけではありません。
サービス内容は引越し業者によって異なるので、引越し業者選びのポイントにもなります。

 

この中で依頼が多いエアコンの移設は、引越し前と後の2回電気屋さんに来てもらう必要があるため手配が非常に面倒なのです。
この面倒な手配を引越し業者が代行してくれます。

 

虫が苦手な方には消毒・殺虫サービスがオススメです。
入居前にやってもらって、引越し後はすぐにダンボールから荷解きをしてダンボールを捨てておけば、虫が出る確率が下がりますよ。

 

実はピアノは高価で重いデリケートな楽器なので、どこの引越し業者でも運搬できるものではないのです。
ピアノの輸送・ピアノの調律はオプション扱いになりますから、ピアノをお持ちの方はご注意ください。

 

バイクや車の陸送サービスは、運転が得意な方からするとムダに感じるかもしれません。
しかし運転が苦手な方や長距離を運転する体力がない方、小さなお子さんがいる方などには本当に助かるサービスです。

 

じつに今どきだと思うのが、盗聴器の発見サービスです。
最近の盗聴器はコンセント一体型だっりして、自力で発見するのは難しいです。しかし一体型は電力が供給し続けられるので、勝手に電源が切れるという仕組みでもありません。

 

前の住人がターゲットだったとしても気持ちのいいものではないですし愉快犯もいるので、気になる方は入居の際に調べておくと良いですね。

 

このように様々なオプションサービスを行っています。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しではすることが多いので、先にどんなことをするのか大まかな手順を頭に入れておくのがおすすめです。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家もしくは管理会社への退去連絡して、駐車場の解約も行う。
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約する。
・引越しの希望日を決めて、複数の引越し業者に相見積もりを取って引越し業者を選ぶ。

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものからどんどん荷造りする。
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止など役所関係の書類を提出する。
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道、ネットなどのインフラの停止手続きを行う。
・郵便物の転送手続きをする。

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。
・新居への移動方法を確認する。
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認をしておく。
・荷解きと整頓をする。
・新居こ゛近所へ挨拶する。

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続きをする。
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更をする。

 

まずは管理会社に退去の意向を連絡して、新居を探し、その後で引越し業者をさがします。
新居の階数やエレベーターの有無などの情報が分からないと正確な見積もりが出せないのです。

 

荷造りは季節外れの洋服や普段は使用しないものからどんどんダンボールに梱包します。不用品や粗大ゴミは思い切って引越し前に処分しましょう。

 

市外引越しの場合は市町村役場に転出届を提出してください。
郵便局で郵便物の転送手続きもするのもお忘れなく。

 

電気・ガス・水道・ネットなどの会社にも引越しすることを連絡して、引越し当日までの料金を精算してもらうように手配します。
ガスなどは引越し当日に立ち会いでガス栓を閉めたりするので、詳しいことは各会社に問い合わせてくださいね。

 

引越し当日、荷物の運搬は引越し業者が行いますから家具家電の配置を指示しましょう。
引越し業者が運べないもの、貴重品や現金、通帳、印鑑、高級品、破損しては困るデータ類などは自分で運んでください。

 

最後に住所変更が必要な免許証、パスポート、銀行、保険、カード会社などに連絡してくださいね。

 

 

引越しの繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者には繁忙期があり、それは毎年3〜4月の春休みです。

 

なぜ春休みが繁忙期なのかというと、2〜3月に受験が終わった新大学生は新学期に備えて春休みに引越しをします。
新社会人もそうです。

 

そして同じ時期にサラリーマンの春の転勤が重なります。通常の引越しも加わります。
そんなわけで最悪のケースでは、引越し業者が見つからないとか信じられないくらい高額を提示されるなどという事が本当に起こります。

 

引越し業者もスタッフの増員や残業代を見越して金額をアップせざる得ないので、できるだけ繁忙期の引越しは避けましょう。

 

どうしても繁忙期の引越しを避けられない人は、先に必要なものだけを宅配便で送って繁忙期が終わってから本格的に引越しするとか、新居の近くで家具家電を調達するなどなどの工夫が必要です。

 

 

引越しと粗大ゴミの処分方法

 

引越し 粗大ゴミ 処分

 

家の中に捨てそびれている家具や家電はありませんか?

 

一辺の大きさが50cm以上あるもの、もしくは重さが50kgを超えるものは粗大ゴミです。
このほかにガスコンロ・石油ストーブ・石油ファンヒーター・電子レンジは大きさに関係なく粗大ゴミです。

 

粗大ゴミはゴミ集積場に置いておけば回収業者が持って行ってくれるわけではありません。
しかるべき手続きが必要なのです。

 

粗大ゴミの処分方法には、回収に来てもらう方法(有料)と自分で捨てに行く方法(無料)の2つがあります。

 

【A:回収に来てもらう方法(有料)】
1・リサイクルセンターに連絡をして、回収に来てもらえる日を予約する。
 ※商品の種類や大きさ・個数、氏名・住所・電話番号を聞かれます。
 ※シールの枚数と金額、収集日と粗大ゴミを出す場所を教えてくれます。

 

2・スーパーやコンビニで販売している「粗大ゴミシール」を買って、粗大ゴミに貼る。
 ※一度購入した粗大ゴミシールは払い戻しや再発行ができません。
 ※粗大ゴミシールは、一点ごとに必要枚数を目立つところに貼ってください。

 

3・あとは指定された収集日の朝8時までに、申込時に確認した場所に出す。

 

【B:自分で捨てに行く方法(無料)】
1・リサイクルセンターに連絡をして、持ち込みをする日を予約する。
 ※当日の予約は受け付けておりません。
 ※予約可能期間は一週間先までのところもあります。
 ※持ち込み希望日、時間、処分予定の商品名、数、持ち込む車両番号を伝えると、予約番号をが貰えます。

 

2・あとはリサイクルセンターに直接持ち込みます。
※予約番号と氏名を受付に言います。
※粗大ゴミシールは必要ありません。

 

少し面倒ですが一気に処分してスッキリさせましょう。
しかし実は、この方法では処分できない例外の粗大ゴミがあります。

 

それが家電リサイクル法で定められた家電で、エアコン・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)・冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらを処分したいときは、家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクル(有料)が必要です。

 

 

悪天候と引越し

 

引越し 台風

 

引越しはできれば雨を避けたいところですが、こればっかりは運頼みです。
しかしもし台風などの予想を大きく外れた悪天候になってしまったとき、引越しはどうなるのでしょうか?

 

最近の日本に訪れる台風や豪雨、大雪などの自然災害は、温暖化の影響か大型化しているような気がします。

 

もともと雨が多い日本なので引越し業者は雨の中の引越しには慣れています。
家財は雨除けのカバーをかけたり、家の中に防水のシートを敷いたり、靴下の替えを多めに持っていくなど雨の対策をするそうです。

 

しかし大型台風や記録的大雪の時は、人の命にかかわるので中止や延期も十分ありえます。
安全に引越しできない場合は止む得ません。

 

週間天気予報を確認してもし引越し当日に台風などが当たりそうなら、すぐに引越し業者に連絡して対応を協議しましょう。

 

時間の変更、延期、中止、様子を見て決行など考えられる対応は様々ですが、いずれにしてもどちらか一方の意見では決められませんしスケジュール調整が必要になります。
大型台風の場合は引越し業者からの連絡を待つのではなく、こちらから早めにしましょう。